AI音楽ジェネレーター:業界の革命か脅威か?

AI音楽ジェネレーター:業界の革命か脅威か?




。これらのツールは音楽制作の民主化を約束する一方で、アーティスト、特にインディーズ・アーティストにとって好ましくない形で業界を再編成しかねない多くの懸念をもたらす。

AIジェネレーターが音楽業界に与える潜在的な影響について掘り下げてみよう。

DSPの過飽和


AI音楽ジェネレーターによって、これまで以上に簡単にオンラインで音楽を無料で作ることができるようになった今、私が最も懸念しているのは、DSPが圧倒的な量のAI生成コンテンツで溢れかえるリスクだ。AI音楽プラットフォームがあなたのために曲を作ってくれるのは一見クールかもしれないが、この氾濫は本物のアーティストをかき消す可能性があり、知名度を獲得し、持続可能な収入を得ることがさらに難しくなる。

インディーズアーティストは、雑音を打ち破り、オーディエンスにリーチする上で、すでに苦しい戦いに直面している。DSPがAIによって生成された無料楽曲で溢れかえれば、本物の才能が傍流に追いやられ、発掘されるチャンスが減少する可能性がある。

DSPは、検証済みのアーティストによるオリジナルコンテンツを優先するポリシーを導入することもできるし、インディーズアーティスト専用のスペースを設けて作品を紹介し、AIが生成した楽曲やランダムな楽曲ジェネレーターの影に隠れてしまわないようにすることもできる。

創造性と独自性の限界


既存の音楽スタイルを模倣するAIの能力は、音楽の均質化につながる可能性があり、人気のあるスタイルや構造に対するアルゴリズムの嗜好によって、楽曲が同じように聴こえるようになる。その結果、創造性が制限され、多様性やオリジナリティに欠ける音楽風景になりかねない。

最高のAI音楽ジェネレーターは、インストゥルメンタル・トラックをカバーするだけでなく、カスタム歌詞でボーカルを作ることもできる。その顕著な例が、ドレイクの最近の "Taylor Made Freestyle "で、2パックや スヌープ・ドッグを彷彿とさせるAIボイスをフィーチャーしている。

AIクリエイターは音楽のパターンやスタイルを再現することはできるが、音楽を聴衆の心に響かせる人間の感情や経験を捉えることは難しい。この感情的な深みが、アーティストを際立たせ、ファンとの永続的なつながりを生み出すことが多い。

個人的なつながりの重要性


人間の感情といえば、音楽ジェネレーターは楽曲を作り出すことはできるが、ファンがアーティストから切望する個人的なつながりを代替することはできない。ライブ・パフォーマンス、ソーシャルメディアでの交流、個人的なストーリーはすべて、AIでは再現できない忠実なファンベースの構築に貢献している。

ファンと直接関わることで、忠誠心とサポートを育む双方向の関係が生まれる。このような個人的なつながりは、アーティストがキャリアを築き、維持するために不可欠であり、音楽ボットジェネレーターには提供できないものだ。


最近、Udioが著作権で保護された素材を使用してAIモデルをトレーニングしているという記事が出た。

Udioの創設者の2人は、彼らが「一般に入手可能で高品質な音楽を大量に使って訓練している」こと、「革新的な新しい音楽を創造している」こと、「(著作権で保護された)ものを再利用しないように、非常に強力なアーティスト・フィルターを持っている」ことを述べている。

Music Allyとのインタビューの中で、UdioはAIモデルがどのように訓練されているかについて直接的な回答をしなかった。

。もちろん、これは複雑な法的問題を引き起こす。支持者たちは「公正使用」を主張するが、ユニバーサル・ミュージック・グループのような業界大手はこれに反対しており、AI音楽メーカーとそれを利用するアーティストの双方に影響を与えかねない法廷闘争に発展する可能性がある。

アーティストにとって、AIプラットフォームによる無許可使用からオリジナル作品を保護することが最も重要になる。AI主導の世界でアーティストの知的財産を守るためには、明確な所有権、公正な報酬モデル、強固な法的枠組みが必要だ。

ミュージシャンやプロデューサーにとってプラスになること


では、潜在的なプラス面について話そう。AI音楽クリエイターは、ミュージシャンやプロデューサーにとって貴重なツールとなり、新しいサウンドやジャンル、音楽的アイデアを試すためのプラットフォームを提供することができる。アーティストがクリエイティブなマンネリ化を打破し、音楽制作への新鮮なアプローチを鼓舞する手助けをしてくれるだろう。

これは特に、楽曲制作に行き詰まってしまい、次に進むべき道が分からなくなってしまった場合に役立つと思う。このようなプラットフォームで曲のサンプルを共有し、新鮮なアイデアを得るのもいいだろう。しかし、これはまだ現実的ではないようだ。

最終的な感想

Transparency and Accountability:

AIソングメーカーが普及するにつれ、その使用と収集するデータに関する透明性は極めて重要である。アーティストは、自分たちの楽曲がどのように使用され、その創作によって誰が金銭的な利益を得るのかについて知らされるべきである。

所有権と公正な補償:

AI主導の状況において所有権を決定し、公正な補償を確保することは、困難ではあるが不可欠である。アーティストは、自分たちのクリエイティブな作品を守るために、自分たちの権利と公正な報酬を擁護しなければならない。

質対量

無料のAIソングジェネレーターは素晴らしいスピードで音楽を制作することができるが、楽曲の焦点は常に量より質であるべきだ。アーティストは、一般的な楽曲を大量生産するのではなく、聴衆の心に響く、意味のあるインパクトのある楽曲を作るよう努力すべきである。

結論


UdioSoundrawLoudlyBeatovenMubertSunoBoomyのようなAI音楽ジェネレーターは、音楽業界にエキサイティングな可能性と大きな課題の両方を提示している。それらは、創造性と革新のための新たな道を提供する一方で、アーティストの知名度、創造性、知的財産権に対する脅威をもたらす。

アーティスト、業界関係者、そしてファンは、これらの懸念に対処し、テクノロジーが音楽の世界を衰退させるのではなく、むしろ向上させる未来を確実にするために、継続的な議論に参加しなければならない。

音楽のプロモーションをお考えですか?

TikTok Music PromotionSpotify Playlists Promotionサービスをご利用ください。

もっと読む

Spotify ストリームを増やす方法:有機的成長への道しるべ

Spotify ストリームを増やす方法:有機的成長への道しるべ

インディーズ・アーティストとして、Spotify ストリームを増やすことは、聴衆を増やし、音楽キャリアを推進する最も効果的な方法である。 より多くのSpotify ストリームを有機的かつ安全に獲得するには? このガイドでは、Spotify アルゴリズムに確実にフィードし、以下を得るための実行可能な戦略をお伝えします。

Spotify で認証される方法:ステップ・バイ・ステップ・ガイド

Spotify で認証される方法:ステップ・バイ・ステップ・ガイド

ミュージシャンが混雑した市場で目立つためには、あらゆる利点が必要だ。一つの利点は、Spotify で認証されることだ。 2億3,000万人のプレミアム登録者を含む6億人以上のアクティブ・ユーザーを抱えるSpotify は、知名度と信頼性の向上を求めるアーティストにとって重要なプラットフォームだ。 Spotify 、あなたのアーティストの横に付いている、垂涎の的である青いチェックをゲットしよう。

東から来た男」を見つける:ジョーダン・アストラとともにアイデンティティを解き明かし、ヒットを生み出す

東から来た男」を見つける:ジョーダン・アストラとともにアイデンティティを解き明かし、ヒットを生み出す

ホームタウンカナダ、トロント 現在の拠点カナダ、トロント 趣味: ボクシング、絵を描くこと、音楽制作 好きなアーティストファレル、アンダーソン・パーク、ジャングル、ジャミロクワイ、ニュー・ジェネア、SGルイス あなたの最新EP『Man From East』はとても期待されていました。このタイトルと全体的なテーマからインスピレーションを得たものを教えてください。